水虫の種類と治療法
足のイメージ

親が水虫なら子供への感染にも注意

このエントリーをはてなブックマークに追加

足の裏にできる皮膚病といえば、水虫が有名です。
症状としては足の指と指の間がジュクジュクする、痒みがあるというイメージが定着していますが、実は水虫は他にも様々な症状を引き起こします。
角質が厚くなったり、爪が白く濁るといった症状も水虫が原因です。
カビの1種、白癬菌が角質層に感染する事で、このような症状が起こります。
日本人の5人に1人は経験した事があると言われている程、ポピュラーな皮膚病です。

ただ、何となく「水虫かな?」と感じていても、病院に行くのは恥ずかしいなどの理由で、そのまま放置してしまうケースも少なくありません。
水虫はカビが感染して起こる皮膚病ですので、当然他の人にも移してしまう恐れがあります。
特に子供がいるご家庭は感染に気を付けましょう。
子供は大人よりも免疫力が低い為、白癬菌を初め様々な菌に感染するリスクが高いのです。
また、小さいお子さんの場合は自分で、しっかりと足の裏を洗えないので、より白癬菌に感染しやすいと言えるでしょう。
脱衣所に置いてあるバスマットなどは、湿気を含んでいるので白癬菌が増殖しやすい場所です。
また、色々な人が足をつけるので、バスマットを介して白癬菌に感染してしまうケースも少なくありません。
仲良し親子
1度、水虫になってしまうと、治療には長い時間がかかります。
子供に白癬菌を移さない為にも、足の裏や爪に今までにない症状を感じたら、皮膚科を受診しましょう。
治療法には外用薬と内服薬、この2つが一般的です。
皮膚に感染している場合は、外用薬のみでも回復できますが、爪に感染している場合は内服薬で長期間、治療を続ける事となります。
そのまま放置していても、白癬菌はいなくなりません。
水虫は早め早めの治療が大切なのです。