水虫の種類と治療法
足のイメージ

水虫の症状は趾間がかゆい、爪の変形

このエントリーをはてなブックマークに追加

水虫になったことがある人は、その症状を繰り返すことが多いです。
一旦病院に行って治療をして改善をしても、またかゆいという症状が出て今度は趾間がジュクジュクになってくるという人も。
水虫は真菌が原因で起こる皮膚の病気ですが、完治をすることがなかなか難しいのです。
特に、命に係わることであれば、きちんと医師のいうことを聞いて、しっかり内服をするなどという人が多いのですが、水虫に限れば、命に係わる病気ではありません。
また治療が長期になることが多いので、仕事の合間に病院に行くことが難しいなどの理由で通院を辞めてしまう人も少なくないのです。
長期で水虫を患うとどのような影響があるのかご存知ですか。
足
通常の水虫は、皮膚の症状が出ます。
かゆい、湿気を帯びた皮膚をしている、その内、皮膚がはがれる、皮膚がジュクジュクするという症状が出ます。
そしてそれが長期にわたると、皮膚から水虫独特のにおいがするようになります。

また爪の変形なども招きます。
爪の変形は爪水虫と言われますが、真菌が原因なのです。
また一旦変形したつめは内服や軟膏などで治療を行うことが大切です。
また皮膚には異常が見られなくても爪だけに変形が起こっているという場合もあります。
これは症状が出ていなくても、皮膚の中に真菌は住み着いているので、やはり治療が必要ですね。
始めて水虫になる人の場合は、爪にいきなり変形が起こるということはありません。
通常は皮膚がかゆい、趾間がかゆいといった症状で発覚します。

また感染を予防もできる皮膚病です。
不特定多数が利用するスリッパを共有しないとかマットレスを共有しないということ。
また共有した場合でもその後に足を清潔に洗えばいいのです。