水虫の種類と治療法
足のイメージ

水虫の治療と雑菌などの除菌は抗真菌薬を使いましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

カビ水虫は、白癬菌と言うカビが角質から入り込み繁殖する事によって起こります。
しかし、白癬菌が皮膚に付着しただけでは、水虫にはなりません。
白癬菌は高温多湿の環境や皮膚に雑菌や汚れが残っているアルカリ性の環境などの条件が成立している場合に繁殖しやすくなります。
また免疫力が低下している時にも注意が必要です。

水虫を予防する為には、白癬菌が嫌う環境を作る事です。
白癬菌は、身体のあちこちに感染しますが、ほぼ90%は足への感染です。
足は、靴によって蒸れやすく雑菌の繁殖しやすい不潔な状態になりやすい為、白癬菌にとっては絶好の環境です。
なるべく同じ靴を毎日長時間履き続ける事はせずに、汗などがついていたら、キレイにふき取り、すぐに片付けないで風通しの良い場所に置くなどしましょう。
足は清潔に洗い、水分はきちんとふき取る事が大事です。

十分に予防していても、水虫になってしまった、と言う事もあります。
しかし、水虫は決して治らない病気ではありません。
水虫はなるべく、早めに発見して治療した方が治りやすいです。
その為にも、初期症状には、どんなものがあるのか、良く理解しておきましょう。

水虫の第1段階は、かゆみです。
最近足がかゆくなる事が多いな、と思ったら要注意です。
次の段階に進むと細かい水ぶくれが足の裏などに出来てきます。
さらに、どんどん増していく痒みに耐えられず、掻きむしる事でボロボロと皮がむけて、皮膚の損傷が激しくなっていきます。

水虫はカビなので、雑菌などの除菌に使うアルコール消毒やエタノール消毒は効果がありません。
治療にはルリコンなどの抗真菌薬を用います。
ルリコンは、白癬菌の細胞膜の主な構成成分であるエルゴステロールが作られるのを阻害する事によって治療する薬です。
ルリコン等の治療薬は、症状が治まったようにみえても、菌が潜伏している場合も多いので、医師や薬剤師の指示にきちんと従い最後まで使用する事が大事です。