水虫の種類と治療法
足のイメージ

かかとが硬くなる・・水虫かも!角質増殖型の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

かかと冬になるとかかとが硬くなる、ひび割れて痛いなどの症状を感じる方も多いのではないでしょうか。
このような症状が出ると、かかとの乾燥かなと思いがちですが、もしかしたら水虫かもしれません。
水虫といえば夏場、蒸れやすい時期に起こりやすい感染症というイメージがありますが、中には冬場に症状が強くなるものもあります。
角質増殖型と言われるもので、特にかかと部分の角質が厚く、硬くなるのが特徴です。
角質が硬くなるだけでなく、粉をふくような感じで剥がれやすくなるとも言われています。
通常、水虫は痒みを伴うケースが多いのですが、この角質増殖型の場合、痒みを感じる事はありません。
ですので、ただの乾燥と思い、そのまま放置してしまう方が多いのです。

高齢者に多い水虫という事もあり、角質増殖型は見過ごすケースが多いようです。
ですが、そのまま放置していても、症状は改善しないばかりか、ますます悪化してしまいます。
水虫は白癬菌というカビが、角質層に感染し起こるので放置してしまうと、白癬菌がどんどん増殖してしまうのです。
対処法としては、やはり皮膚科での治療が1番有効と言わざる負えません。

民間療法での対処法や、市販薬での対処法は手軽なので、ついつい頼ってしまいがちです。
ですが、抗真菌作用のある薬は、病院でしか処方していないので、このような対処法だと確実に改善の効果は得られません。
病院では白癬菌を殺菌する、抗真菌薬の外用薬で角質増殖型の水虫を、治療するのが一般的です。
病院の治療であっても、改善までに数か月かかるほど、水虫はしつこい感染症と言われています。
ですので、自己流のケアで何とかしようとするのではなく、病院で治療を受ける事が水虫改善の近道なのです。