水虫の種類と治療法

足のイメージ

足・かかと・爪など水虫には種類がある

足の画像

足の指や裏に発症する皮膚病として、最も有名なのが水虫です。
水虫は白癬菌というカビの一種が、角質層に感染・増殖する事によって起こります
ただ、水虫と言っても種類は多く、足にできるタイプは大きく分けて、4種類ある事をご存じでしょうか。
足の裏にできる水虫は、小水疱型・趾間型・角質増殖型・爪白癬という種類に分けられており、それぞれ症状にも違いがあります。

まず足にできるタイプは、小水疱型と趾間型です。
小水疱型は足の側面や、土踏まず部分にできやすいのが特徴です。
赤みを帯びた小さな水疱ができ、強い痒みを発生させます。
痒みが酷い為、水疱部分を搔き毟ってしまい、その部分が化膿してしまうケースもあるようです。
特に梅雨や夏場に多く見受けられる水虫です。
趾間型は足の指と指の間に、症状が起こります。
患部がジュクジュクとただれたり、赤みや痒みが出るのが特徴です。
また、臭いもきつくなるとも言われます。
小水疱型同様、趾間型も梅雨な夏場など湿度が高い時に、起こりやすいようです。

かかと部分に症状が起こるのは、角質増殖型です。
他の水虫に比べ、痒みが出る事は無いので気づきにくいでしょう。
角質増殖型の症状は、かかと部分の角質が厚くなる、角質が剥がれ落ちるといったものです。
ただの乾燥肌と間違われてしまうケースが多いので、注意したい水虫です。
角質増殖型は高齢者に多いと言われています。

足の指や裏にだけ症状が出ると思われがちですが、爪にも白癬菌が感染するケースがあります
爪に感染した場合は、爪白癬と呼ばれます。
爪が白く濁る、爪がポロポロと剥げてくるといった、症状が現れます。
このように、足にできる水虫には様々な種類、症状があります。
専門医に相談する事で的確な治療を受けられるでしょう。

水虫には飲み薬?塗り薬?

飲み薬

水虫治療に使用される薬には飲み薬と塗り薬の二種類があります。
初めて水虫治療に取り組むならどちらを使えば良いのかわからないということも多いでしょうが、これは症状に合わせて選ぶことが重要です。

まず、飲み薬が適しているケースについてですが、これは水虫がかなり悪化した段階であると考えて良いでしょう。
皮膚の奥に水虫の原因である白癬菌が住み着いてしまっている場合にはどれだけ薬を塗ったとしても白癬菌まで届かず、いつまでたっても完治が見込めません。
そのためこうした皮膚の奥に白癬菌が入り込んでいる場合には飲み薬によるケアが必要不可欠となるわけです。
また、水虫が悪化していなくても角質増殖型や爪白癬の場合には飲み薬で治療するのが一般的です。
飲み薬で有名なのがラミシールという薬です。ラミシールは飲み薬の中でも非常に効果が高く、多くの重症水虫患者が使用しています。

ここまでのことを考えればある程度塗り薬の使用イメージができるでしょう。
塗り薬を使うべきシーンとなるのはまだ水虫がそこまで悪化しておらず、皮膚の表面に白癬菌が付いているだけという状態です。
皮膚の表面に白癬菌が付いているくらいであれば塗り薬を塗るだけでもしっかりと白癬菌を撃退できますから、塗り薬でも問題ないのです。
皮膚表面に症状があらわれる小水疱型や趾間型の水虫には塗り薬が有効でしょう。
ただこうした判断は個人で行うべきではないというのはしっかりと覚えておく必要があります。
例えば、外見だけみると皮膚の表面にしか問題が無いように見えても、医師が診断をすると皮膚の奥にまで白癬菌が入り込んでいたというケースは少なくありません。

加えて薬を使う場合、医師が完治したと保証してくれるまで使い続けることも重要です。
水虫は治りづらいというイメージは広く持たれているものです。
これは表面上の症状が治まっても皮膚の奥底に白癬菌が住み着いていることが非常に多いというのが原因になっています。
その奥に住み着いた白癬菌を完全に撃退しないといずれまた水虫が再発しますから、治療を始めるのであれば最後までやり抜く覚悟をもって取り組んで下さい。

ニゾラールでの治療は根気強く継続しましょう

大学病院

水虫に感染してしまった場合、放っておいては治る事はありませんので病院へ行って水虫の治療を適切に行う事が大切です。
治療しなければ水虫は完治しないというのがこの世界の常識なので、決して甘く考えてはいけません。
そして、その水虫の治療に役立つのがニゾラールです。
ニゾラールがどうして水虫に対して有効であるのかというと抗真菌作用があるからです。
水虫というのは白癬菌という菌に感染する事が原因です。
白癬菌というのは真菌の一種であるために抗真菌薬のニゾラールで白癬菌を殺菌する事で治す事が出来るのです。
なお、真菌に感染する事で起きる皮膚の異常というのは白癬菌が原因で起きる場合が多いのですが、その他にもカンジダ症やマラセチア毛包炎などの別の真菌が原因で起きる症状もあります。
そうした真菌の治療についてもニゾラールは有効であり、ニゾラールで適切に処置する事で症状を改善する事ができます。

ニゾラールは水虫に対して有効ですが、ニゾラールを患部に塗布すればすぐに治療が終わるという訳ではありません。
足の裏などの角質層が厚い部分だと、薬が薄い部分と比べて浸透しにくくなり、治療するのに半年やあるいは一年以上かかるという事もあります。
そうした場合でも塗り薬での治療が必要な間は根気良く続けていく事が大切です。
また、症状が出ている患部に対してだけニゾラールで処置をするのではなく、その周囲にも菌が存在する可能性があるので周辺についてもきちんと処置を施す事も大切です。
また、水虫は他人に感染させてしまったり、自分自身で他の部分に感染させてしまう可能性もあります。
患部を清潔な状態に保ってよく乾燥させる事も大切です。
靴下やスリッパなど水虫の感染源となるような物も清潔な状態に保つようにする事も感染を拡大させないためには忘れてはなりません。

ニゾラールクリームは塗り薬ですが、ニゾラールは服用タイプのものもあります
外用タイプのもので完治が困難な場合はこちらを使用すると良いでしょう。
長期治療が必要な場合が多いので、副作用について理解し、医師の判断とともに治療を続けるようにしてください。